徳島市の介護職員向け研修

人間力研修を通じて、介護サービスレベルを高めませんか

徳島市の介護業界に特化した社会保険労務士

徳島市の介護現場で求められる「人間力」を身に付けることが必要です

介護人間力研修

介護のお仕事で人材育成とは人の何を育成しますか?

一般的に、介護現場での研修と言えば、「技術力」を磨くためのスキルアップ研修が多く行われています。プロとして身に付けておかなければならない知識や技能、ノウハウなど、より良いサービスを提供するためには当然に必要なものですから、そのレベルは高いにこしたことはありません。では、技術力やスキルを磨くだけで十分なのでしょうか?

ここに、介護のスキルレベルは同じ二人の職員がいます。

Aさん お客様の横に寄り添い、手を握る等のスキンシップを図り、目線の高さを合わせ、優しい笑顔で「〇〇さん、昨日はゆっくり寝られましたか?朝ご飯はおいしかったですか?」など優しい言葉掛けをしながら〇〇の介助をする
Bさん 無表情で、口には出さないが、「早くやってよ。私忙しいんだから」という気持ちで〇〇の介助をする」

介護施設の職員として、理想的なのはどちらですか?多くの方が、Aさん、とお答えになるのではないでしょうか。では、Aさんの何が素晴らしいのでしょう。それは、Aさんの「人間力」のです。

当事務所ではAさんのような人間力の高い人財を育てるための「人間力研修」を開催しています。
介護現場で求められる「人間力」とは、一体どんなものなのでしょう。

「人間力」=人間性+形(表情、態度、所作、言葉、行動)

どんなに素晴らしい人でも、その「心」を直接見ることはできません。「表情」や「態度、所作、言葉、行動」といった形に表さない限り、外からはわからないのです。たとえ先ほどのBさんが、心の中ではAさんと同じように優しい心を持ってご利用者様に接していたとしても、無言で笑顔もなかったとしたら、その「心」は無いのと同じなのです。

「人間力」とは、「やさしい心」「思いやりの心」「人を愛する心」、これらの素晴らしい「心」を、正しく、わかりやすく「形」にして伝えることが出来る力のことです。そして、「正しい形」を「正しく伝える」ためのスキルを身に付ける研修が、「介護人間力研修」なのです。

研修内容

2時間×6日を基本としています。

1日目 「介護現場で“はたらく”ことの意義再発見」
「天職とは」
2日目 「介護サービスの質を決定する人間力とは?」
「挨拶のレクチャーと挨拶訓練」
3日目 「人間力を高めるための具体策(スキルとモラル)」
「笑顔のレクチャーと笑顔訓練」
4日目 「ご利用者様やご家族様の満足度を高めるための自己改革とは?」
「報恩感謝の心」
「恩返しの法則について」
5日目 「介護現場で自らの存在価値を高めるために!」
「プラスのストロークの実験」
「精神的ストロークと身体的ストローク」
「自喜喜他の心」〜自喜喜他の生き方をしよう
6日目 「自己成長の根本的考え方(心の習慣)」
「自己反省の心」
「同類親和の法則とプラスの氣」

モデル行動研修

介護人間力研修は、人が行うサービスの質を向上させるための、内へのアプローチ、そしてモデル行動研修はサービスの質の高さを形で表すためのアプローチです。モデル行動を作成し、貴法人のサービスのブランディングすることで、選ばれる施設創りをプロデュース致します。

接遇・マナー研修

サービスが外から見えにくい介護事業だからこそ、接遇やマナーで施設の善し悪しが判断されます。基本的な接遇やマナーに磨きをかけること、一層高いサービスのブランディングを図ることができます。務所提携の専門職の講師でコーディネートし、貴法人のニーズに合った独自の訓練カリキュラムをご提供致します。

このページの先頭へ

上田社会保険労務士事務所

088-678-6585
営業時間 平日9:00〜18:00