子供の頃の夢

2020年01月23日(Thu) 11時10分に投稿された徳島市の介護専門社労士「うえた社会保険労務士事務所」の活動日誌

徳島市の介護業界に特化した社会保険労務士

2020年01月23日(Thu) 11時10分:投稿者は上田佳江

 皆さんは、子供の頃どんな夢を持っていましたか?

 小学校のころの作文を読み返すと、私は「学校の先生」、
そう学校の先生になりたかったんです。
大學は英語学を選考し、それから英語の教員免許を取りました。

 印象深いのは、母校の高校へ教育実習に行った時の1枚の写真。
見なくても、すぐに思い出すとっておきの1枚です。
若さ溢れる生徒たちと一緒に、ロングヘアをなびかせながら
黒板の前で、満面の笑みでられた写真。
本当に楽しかったし、夢と自信にあふれていました。

 大人になってこんなにわくわくしているだろうか、こうしたいという情熱はあるけれど、
わくわくするって、少なくなったような・・・

今どんな時に私はわくわくしているのか?と考えると、自分を振り返ってみると、
あ〜もう、それははっきりしていて、
誰かに例えば職員に何かを指導しながら、自分も学んでいるとき
それから講座をしている時。。
段々、自分の中にエネルギーがわいてきて、声も張りが出てくる!
私はともに学び合い、成長しあうことで、とてもわくわくするんです。
これは、子供の頃の夢とつながっているので、実は子供のころの夢には、
自分が何でわくわくするのか、ヒントがあるのかも、ですね。
いつになってもわくわくしていたいな!


| 2020年01月23日(Thu) 11時10分 | 投稿: 上田佳江 | カテゴリ: 思うこと | コメント(0) | ▲TOP |

このブログへのコメント

コメントはありません。

お名前・ニックネーム
E-mail(ウェブ上には公開されません)
コメント(必須)
パスワード(必須)
下記セキュリティコード(半角数字)を入力してください

このページの先頭へ

うえた社会保険労務士事務所

088-678-6585
営業時間 平日9:00〜18:00