仕事の価値

2020年01月21日(Tue) 20時46分に投稿された徳島市の介護専門社労士「うえた社会保険労務士事務所」の活動日誌

徳島市の介護業界に特化した社会保険労務士

2020年01月21日(Tue) 20時46分:投稿者は上田佳江

どんな仕事もそれぞれ価値がありますよね。

その価値を洗い出すお手伝いをしています。
仕事の内容や責任の程度などを言葉で表現していく、文字にしていくということです。

そこで、とても大事なポイントがあります。
それは、その仕事は何を目的にしているかということを先に言葉にしておくということ。個々の全ての業務にです。

例えば、介護業務のなかに「整容」という業務があります。ご利用者の身なりを整える業務です。この業務を作業に分解すると、?ご利用者個々に合わせて必要な物品を準備をする、?髪、着衣、履物等、汚れ等をカバーする ?・・・・を清潔に保つ、となります。でも何かが足りない・・・・。そう感じるのは、仕事の価値、目的の視点が抜けているからです。
「整容」の目的を例えば“の人らしくいられる支援”と考えると、書き出す業務も変わってくるんです。“ご利用者の個性に合わせた髪型や服装・その人らしいおしゃれを支援する”みたいな表現になったりします。

この方が楽しくないですか?あ〜私はこういう仕事をしているんだって、思えますよね。自然と意欲もわいてきます。これが、仕事の価値であり、共有ですよね。

皆さんと四苦八苦しながらではありますが最後まで頑張ろうと思いますy(^^♪


作業に価値があるのではなく、この言葉の列挙に仕事の価値をご利用者が気持ちよく、自分らしい生活を楽しむためであり、


| 2020年01月21日(Tue) 20時46分 | 投稿: 上田佳江 | カテゴリ: 思うこと | コメント(0) | ▲TOP |

このブログへのコメント

コメントはありません。

お名前・ニックネーム
E-mail(ウェブ上には公開されません)
コメント(必須)
パスワード(必須)
下記セキュリティコード(半角数字)を入力してください

このページの先頭へ

うえた社会保険労務士事務所

088-678-6585
営業時間 平日9:00〜18:00